【プチ旅】名建築を巡る(1日目続き)大阪中之島図書館と中央公会堂

図書館のスモーブローキッチンでゆったり気持ちのいいひと時を過ごした後、すぐ隣の中央公会堂に向かった。
以前、娘の所に行った時に夜の公会堂は見たことがあるけど、中に入るのは初めてだ。

- スポンサーリンク -

1日目:10月8日 大阪の名建築(続き)

大阪府立中之島図書館

中之島図書館については 昨日の記事 をご覧ください。

大阪市中央公会堂

中央公会堂は電車の窓からもよく見えるので、とても興味深い建物だなーと思って見ていた記憶があるけど、大阪に住んでた頃行く機会もなかった。
当時はあの建物が中央公会堂だということすら知らなかった。なんという大阪市民だったのだろう…。

公会堂も特定の日にガイドツアーが行われていて、2ヶ月ぐらい前から予約を受け付けているようなので、今日行って今日参加するわけにはいかなかった。

2022年12月 公会堂ガイドツアーのご案内
大阪市北区中之島にある集会施設「国指定重...


自分の中では、またいつでも行けるから、次回は図書館とともに事前に予約して参加してみたいものだ。
と、そんなことを娘に行ったら「次回があるとは限らないけどね」と言われたわ。
たしかに。

さて、次は食事付き見学会の抽選に外れた綿業会館に、とりあえず外観だけを見るつもりで行ってみようということになったのだけど、途中、開館当時テレビで紹介されていて興味津々だった「こども本の森中之島」を通るのでチラッと寄ってみた。

こども本の森 中之島

こども本の森 中之島
お待たせしました!2020年7月5日に開館します。こどもたちの素直な眼差しと感受性。それらを大切にする物語の聖地をつくる。

安藤忠雄さんが設計を依頼されたのかと思ってたけど、彼が寄贈した建物なんだね。

この図書館の素晴らしさは中に入ってみないとわからないね。
ここも事前に予約しておかないと入れなかった…。
予約なしでも15時から先着30人だけ入館可能と言われたけど、どうやら30人の中に入れそうになかったので、諦めて綿業会館に向かうことにする。

綿業会館

中之島から本町方面に向けてテクテク歩く。
テレビで見た時はすごく豪華な建物という印象だったけど、道路沿いにフツーに建っていて、知らなかったら素通りしそうだ。

日本綿業倶楽部 – 綿業及びその他事業に関する会員の相互の交流を図り、歴史的建造物である綿業会館の維持、保存を行い、その文化的価値を広く普及させる活動を行っております。
綿業及びその他事業に関する会員の相互の交流を図り、歴史的建造物である綿業会館の維持、保存を行い、その文化的価値を広く普及させる活動を行っております。

表には会員以外立ち入り禁止の張り紙がしてあって、本当に外から見るだけだった。

今回、わたしたちは「名建築で昼食を」放映記念の見学会というのに申し込んだんだけど、指定された日に普通にランチ付きや喫茶付きの見学会は開催されているみたいなので、また申し込んでみようと思う。
これも抽選だから、その日までに徳を積んでおこう。

そんな感じで巡ったんだかどうだかよくわからない1日目が終わった。

ホテルと夕食

娘も仕事の関係でビミョーなノルマ的なのがあるらしく、会社と提携しているホテルに泊まってほしい(費用は娘もち)ということだったので、環状線福島駅にほど近いホテルモクシーにチェックイン。

なかなかカジュアルでポップなホテルだった。
ウェルカムドリンクも好きなのを選べるし、無料のドリンクバーもあってサービスもよかったわ。


夕食は、ラムしゃぶ専門店にて初めてラムしゃぶを食す。

これで2人分。
お店の人には「ほんの2、3回しゃぶしゃぶとするだけで、お肉に赤味が残っている状態でお召し上がりください」と言われたんだけど、ついつい全体が白っぽくなるまでしゃぶしゃぶしてしまったわ。
でも、肉好きとしてはとっても満足だった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

<次はどこに行く?>

コメント

タイトルとURLをコピーしました