60代、1年半ぶりに新幹線に乗る②:イギリスの田舎風味に浸る
記事内に広告が含まれています

60代、1年半ぶりに新幹線に乗る②:イギリスの田舎風味に浸る

広告

今回の大阪行きは「こども本の森」が第一の目的だったのではなく、ネットを徘徊中に見つけたカフェに行くことだった。

最近ガーデニングにも興味がわいてきたし、友人と近場のカフェ巡りもしているし、イングリッシュガーデンのある隠れ家的カフェにそそられたのだ。

新大阪駅、昔は自分の家の庭のような感覚で行き来してたけど、今ではすっかり様変わりして御堂筋線の駅まで行くのに案内板を見ないと不安になるわ。

そして、御堂筋線の新大阪駅は以前と様相が変わっていた。
向かって左側にあったはずの大きな切符売り場が消滅して、見知らぬ店になっていた。

よく見なかったけど、右側の小さいスペースに券売機があったかもしれない。

うん、そうだね。
地下鉄に乗るのに切符買う人は今時ほとんどいないんだろうね。
みんなピッとタッチして改札を通るよね。

そしてエスカレーターに乗るとき、人々が右側に立ってるのを見て「あぁ、大阪だ〜」と認識するのよ。

淀屋橋駅で10時に娘と待ち合わせ。

「こども本の森」の予約は11時半なので、軽いものをお腹に入れようと、娘が行ってみたいという川のほとりのヴィーガンカフェへ。

OPTIMUS cafe FOOD MENU
北浜のカフェバー|OPTIMUS CAFE(オプティマスカフェ)

カフェの中から見る中央公会堂。
とりあえず、この建物を見たらスマホを向ける習性。

注文したのはグラノーラ豆乳ヨーグルト。

いかにもヘルシーじゃないですか。

味はどうかと言われると…、それは砂糖も使ってないしね、口が慣れてないのでね「こういうものでしょう」というカンジ。

その後1時まで「こども本の森」で費やして、今回第一の目的であるCalm Garden カフェに向かう。

本の森のすぐそばが京阪中之島線のなにわ橋駅なので、そこから天満橋まで行って地下鉄谷町線に乗り換えることにした。

地下鉄谷町線。紫色の路線。
懐かしいわ〜。
13年間平野区に住んでたので、谷町線は日常的に利用してたのだ。

駅の名前も覚えてるものだねぃ。
そして平野駅で下車。
平野区に住んでても初めての平野駅だ。

またGoogleマップ先生を頼りに歩くわけだけど、今回もあっちにウロウロ、こっちにウロウロ。

というのも、マップ先生の情報がちょっと古かったようで、道があるはずのところにマンションが建ってたのよ。

それで、ずいぶん遠回りをして行き過ぎたり後戻りしたり。
なんとか予約時間の数分前に到着することができた。

薄暗い通路を抜けていく。
その先に別の空間が広がっているようなワクワク感。

予約していたアフタヌーンティーセットをいただく。

ロイヤルミルクティーがとっても可愛い。

窓の外にはイングリッシュガーデンが広がっていて、外界の喧騒から完全に隔離された一角。

イギリスのコッツウォルズ地方には、予々行ってみたいと思ってるけど、ちょっとそんな雰囲気を味わえたのだろうか。

のんびりゆったりした気分に浸れたよ。

しかもこの日の飲食代は娘が「ボーナス貰ったから」と、全額支払ってくれた。
そういう申し出は常に有り難くお言葉に甘える主義のタカハラ。

帰りの新幹線の中で、母にも子どもたちにも、周りの人々に守られて生かされていると、しみじみ感謝したのだった。

広告

♫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日も最後までお付き合いくださってありがとうございます ^_^
どうぞ、ステキな1日を! 

◆コメント ひと言いただけると喜びます

タイトルとURLをコピーしました