寒さと「鎌倉殿」のせいで動く気にならない日

- スポンサーリンク -

寒い。
今日はよく晴れて日差しもたっぷりあって、いつもこのくらいの時間のリビングは暖房不要なんだけど、やけに寒いわー。
今リビングの温度は13℃。

断熱カーテンは、こんな日差しのある日は開けておいた方がいいね。

なるべく朝8時ぐらいから午後3時過ぎるぐらいまでは暖房なしで頑張ろうと思ってるので、ダウンベスト着てタブレット持ってこたつに入ることにした。
そういえば、冬にこたつで作業できるようにとタブレットにしたのだったわ。

画像は公式サイトから借りています

さて、昨日の『鎌倉殿の13人』をまだ引きずっている。
今年はどっぷりはまり込んでしまった。

自分史上最高の大河ドラマ : 栞子のギリギリ年金生活
といっても大河ドラマを全部見ているわけではなく、数えてみると13作ほどなんだけど、自分の中ではまちがいなく今作が最高だ。大雑把な流れは知ってるわけだから、今までの場面のいたるところにそこへ向かう伏線が張られているような気がして切ない。ものすごく緻密に脚本が
またまた「鎌倉殿」のはなし : 栞子のギリギリ年金生活
ハマりにハマっている今年の大河ドラマ。いきなり義時が先週までとはガラッと雰囲気が変わっていて、びっくり。小栗旬さん、すごい!花沢類の時からずっと注目してるけど、正直ここまですごい役者さんだとは思ってなかったよ。すいません。<またナルコユリとアマドコロの違

あぁ、なんという終わり方だったのだろう。
最終回のことがいろいろ取り沙汰されていて、わたし自身はどういう終わりになるのか具体的に想像していたわけではないけど、まったく思いもよらない最期だったなー。

義時がこれ以上嫌われたり恨まれたりしなくていいように、無理をしなくていいようにという政子の思いだったのかなと解釈してるけど。

幼なじみの義村の本音も納得だ。

土曜日に放送された「三谷幸喜の言葉」という番組で、三谷さんが「政子が自害しようとするのを止めるのはトウにしよう」と思って、そこから逆算していってトウに仲章を襲わせて捉えられるという流れを作ったと言っていた。

平知康が井戸に落ちるシーンも、その史実がまずあって、また逆算で誰が、何のためにそこにいたのかを組み立てていったと言うのを聞いて、すごいなと思った。
脚本家って、そういう作り方をするのかって感動したわ。

それとは別に昨日の放送で個人的に大ウケしたのがアバンだ。

「吾妻鏡」を読んでるのが誰だろうというところから始まって、なんと家康、来年の松本潤さん!
彼のセリフが「どうしよう」って…、視聴者としては自然に「どうする家康」って言いたくなるよね。

ホント、こういうの好き。
しかも、花沢類から道明寺司へのバトンタッチ。
重い最終回になるのだろうと構えてたのに、ちょっとほっこり。

TwitterのTLやかまコメ見てると動けなくなってしまう。
総集編とかではなく、もう1回最初から全編見直したい気分。

やっぱり1番強烈だったのは義経だったなー。

壇ノ浦の戦いが終わった : 栞子のギリギリ年金生活
今週が壇ノ浦だということはわかっていたから、なんだかワクワクというよりドキドキしながらテレビの前に座ったのよ、録画視聴だけど…。冒頭、八重さんが墨をつけたまま真面目な顔で政子たちに説明していたところだけちょっと和んだ。あれは、演出家さんの仕事なのか…。グ
月曜日は『鎌倉殿』に浸る日なのに… : 栞子のギリギリ年金生活
今朝もTwitter見ながら反芻してたんだけど、ついうっかりテレビがつけっぱになってて朝のワイドショーのマスク談義が耳に入ってしまった。マスクをするかしないかで延々やってるの、ヘンじゃない?<去年の秋に植えたカンパニュラがワサワサ咲いてて嬉しい> 自分で決めたら

とっても充実した大河の1年だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シニアの日常 - ブログ村ハッシュタグ
#シニアの日常にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました