ドライヤーで髪の手触りがこんなにも違うなんて
記事内に広告が含まれています

ドライヤーで髪の手触りがこんなにも違うなんて

広告

長男が帰ってきて、いろんなものをくれるのだけど…。

正直、どっちでもいいものもあるのよ。
ものを増やさないようにしようと思っている時だもの、彼がアメリカに行ってしまったらこっそり捨てるかもしれないと思うものもある。

コーヒーミルは使ってもコーヒーメーカーは使わないわ。
サーバーで保温して置いておくのは好きじゃないし、1日1杯しか飲まないし…。
本人には言ってないけど、ちょっと邪魔。

でも、また日本で暮らすようになったときに「あのコーヒーメーカーは?」なんて言われると困るので、捨てるわけにもいかないかなー。

そんな中、感動したのはドライヤーだ。

最近我が家では姿を見なくなってしまったレインリリー

ReFaの高級品。
リファというと、フェイスラインをコロコロするアレしか知らなかったけど。

ドライヤーが環境温度を察知して、自動的に温風と冷風を切り替えるというもの。
そんなのあるの?

使ってみると、たしかに温風になったり冷風になってりしている。
今までより短時間で乾くような気がする。
気のせいか?

それより驚いたのは髪の手触りが全然違うということだ。

今までは熱風でブワーッと乾かしてたので、なんだかボワボワしてたのだけど、こういうものだと思っていた。

それがボワボワ感がなくてツルンツルンなのよ。
ドライヤーでこんなにも違うものなのね。

嫁ちゃんの職業柄安く買えるらしいのだけど、いい暮らししてるなーと思っちゃったわ。

以前、どこかで息子さん家族がいい暮らしをしてると妬ましいというような記事を見た気がするけど、わたしは全然そんなこと思わない。

どんどん、わたしが憧れるような素敵な暮らしをしてほしい。
で、たまにおこぼれを預かろうという魂胆…。

♫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日も最後までお付き合いくださってありがとうございます ^_^
どうぞ、ステキな1日を! 

◆コメント ひと言いただけると喜びます

タイトルとURLをコピーしました