メルカリ出品に思う:ちょっとガッカリすることもあるよね

- スポンサーリンク -

メルカリに出品したものが秒で売れたと喜んでいたタカハラ。
ただただ喜んでいただけではなく、その後ちょっとだけ気落ちしたこともあるの。

まず、たまたま 今日中に出品して1週間以内に売れたら手数料半額 というのを見て、慌てて出品したわけだけど、その画面に「エントリーする」という表示があったのを見逃していたの。

「すぐに出品する」だけを見て、すぐに出品しちゃった。
なので、エントリーしていなかったため手数料は半額にならなかったというオチ。

またもや詰めの甘さを露呈してしまったわ。
手数料の半額といっても175円なので、それはまぁいいとして…。

メルカリって、みなさんどういう気持ちで出品されるんだろう。
わたしは、自分にはもう必要ないけど、誰かが使ってくれたらいいなー、それでお金もらえるならいいなーと思っていた。

ところが、世の中そんなノーテンキなことも言ってられないのね。

タカハラが出品したものを買ってくださった方は手帳カバーばかり出品していて、転売が目的なのではと思ったの。

転売と言っていいのかどうかわからんけど、安く買ったものを新たに値段をつけて出品するというカンジ。
やっぱり転売か…?

3,500円で買ってくれた人が「安く買えてよかったわ」と思って使ってくれるのなら嬉しいなと思っていたのだけど、どうやらそうではないらしい。

売ってしまったものだし、価格も自分が納得して決めたのだから、それをどうこう言うつもりはないけど。

あの日、同居次男に「3,500円で出品したらソッコーで売れたわ」と話したら「フフ、その人が高く売るんやで」と言われたのよ。

「えぇ〜〜?」と驚いたけど、本当にそういう世の中なのね。
ずっと前からそういう世の中か…。

話が逸れるけど、ずーっと昔、楽器店がどんどん音楽教室を併設していってた頃、わたしは「楽器を買ってくれた人のフォローをするため」だろうと解釈していたのだ。

それが当時楽器メーカーのディーラーだった人(元夫だけど)に「楽器を売るために決まってるやろ。そんなの当たり前やんか」と言われて、なんだかガッカリしたのと似た気持ちだ。

息子たちには「かーちゃんは世間知らずやから」と言われるのだけど、40年前から今に至るまで、一応いろんな経験はしてきたつもりだけど、今もってわたしの頭の中はお花畑らしい。

まぁ、転売目的で買ってくれたとしても、わたしの目的は「使わないけど捨てるほどではないもの」を手放すことなので、自分の目的さえ果たせればいいんだけどね。

そして今回、出品するときには「幾らで買ったんだから幾らで売りたい…」なんて考えずに値段をつけた方が売れやすいということを学んだ。

品物を見て「これを自分だったら幾らで買うか」と考えた方がいいみたい。

そうすると、今のわたしの生活レベルから考えると、自ずと設定価格は低くなるということだ。
これからも、専ら出品のみだけど機会があれば利用するつもり。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シニアの日常 - ブログ村ハッシュタグ
#シニアの日常にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました