【読書】『犯罪者』太田愛:すごい人に出会ってしまった

4.5

著者:太田愛

太田愛さん、「相棒」とか「トリック」の脚本家さんだそうで、知らなかった…。
すいません。

昔、わたしは「読み始めて30ページぐらいまでに殺人が起きるか、白骨死体が発見されるかしないと退屈になるわ」と言っていた時代がある。

今はもう全然そんなことはなくて、何にも起こらない物語も好きだけど。
むしろほっこりして「いいなー」と浸ったりするお年頃だ。

でも、久々に出会ったよ。
いきなり通り魔が5人を狙って次々に刺すという場面。

犯人は薬物中毒の青年と断定され、すぐに死体となって発見されるのだが、被害者の1人がかろうじて生き残り、そこから物語が始まる。

深大寺駅南口でそれぞれ誰かと待ち合わせをしていた5人。
本当に発見された青年が犯人だったのか、本当に通り魔の無差別殺人だったのか・・・。

もうね、そこからノンストップだよ。

登場人物も多いんだけど、彼らの背景がとても丁寧に掘り下げられてるし、情景描写も細かく、テーマも産廃問題や食品の安全性と政治、それらが絡み合ってスケールが大きい。

場面がクルクル変わるから、ついていくのに一生懸命だったけど。

今年は睡蓮が次々とたくさん咲いてくれた

上巻の終わり頃は息するのも忘れるくらいだったし、いよいよ計画を決行するときにはドキドキしたよ。

途中、みんなの心情や決意にウルウルするところもあったり、正直、やりきれないと思う場面もあったのだけど。

早く先が読みたいと思いつつも、読み終えるのがもったいないというか、名残惜しいというか、ここ暫く忘れていた感覚だ。

結末は、あおいとしてはちょっとモヤっとしてる。
食品会社の不正は証明されたけど、無差別殺人ではなかったことも明らかにしてほしかったわー。

最後のページ

俺たちは、すべてをひっくり返すことはできなかった。

下巻 p.436

ここに無念が残るのよねぃ。

あとね、ちょっと長かった。

長いのは好きだけど、山場が終わって一息ついて、これで一件落着かと思えばさらに続くというのが、ちょっと…。

まだ? と思ってしまった。

ドラマか映画にならないのかなー。
食品会社の不正を扱ってるから、スポンサー的に無理なのかなー。

この方の「幻夏」と「天上の葦」にも今回の主人公3人が登場するらしいので、是非とも読まなければ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました