長男の結婚:今までと同じなのに、何かがちょっと違う

- スポンサーリンク -

長男は高校を卒業してから県外に出たので、もう20年近くこの家にはいなかったのだ。

もちろん、大学時代には休みには帰省してたけど、就職してからは、世間一般の人が休んでる時に忙しい仕事だったので、ほとんど帰ってくることはなかった。

2年ぐらい前からアヤ子さんと一緒に暮らしていて、先月入籍したということも聞いた。
そこまでは別に「ふーん」ぐらいの気持ちだったのに、顔合わせ食事会が終わってから、なんとなくちょっとした虚無感みたいなものに襲われている。

何なんだろうね。

先週、何年かぶりに4日ほど我が家に滞在して賑やかだったからか…?
一大イベントが終わったからか…?

わたしと同い年ぐらいの知り合いは、よく「息子に結婚の話をして怒られる」とか「いつになったら結婚するのだろう」とか言うのだけど、わたしにはあまり…というかまったくそういう感覚はない。

結婚するべきだとも思ってないし、しない方がいいとも思わない。

わたしたちが若かった時代は「適齢期」という言葉もあったし、「結婚しなくちゃいけない」というような風潮があり、「クリスマスケーキ」なんていう言葉もあったよね。

わたし自身、結婚願望はなかったんだけど「しなくちゃいけないのなら、この人かな」みたいな気持ちで踏み切った。
まぁ、その結果がアレですけど。

なので、子どもたちにも「結婚しないの?」や「誰かいい人いないの?」なんて言葉をかけたこともないのよ。
「ご自由に」という感じだ。

内心、長男は物やお金の管理能力がちょっと緩いところがあるので、フォローしてくれる人がいた方がいいだろうなとは思っていた。

だから、一緒に生きていくパートナーが見つかってよかったと思う。
先方のご両親も素敵な方で、愚息を好意的に受け入れてくれているようでよかったと思う。
思うけど、ビミョーな空虚感? 寂しさ…?

ずっと家にいなかったし、LINEのやりとりだってたまにしかしなかったのに、今さら寂しいというのもどうよ。

なんと表現していいのかわからないけど、なんとなく心がスカスカするような、そんなカンジ。

どうなんでしょ。
ベテラン姑さん方もそんな感覚を経験されたのでしょうか。

今日は満月で皆既月食。しかも442年ぶりの惑星食もあるという。
天気も良さそうだし、夕飯後は空を見上げることにしよう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

<次はどこに行く?>

コメント

タイトルとURLをコピーしました