60代、新しい年に期間限定チャレンジ
記事内に広告が含まれています

60代、新しい年に期間限定チャレンジ

広告

新しい年を迎えてから丸々2週間ぐらいを体調不良でグズグズ過ごしてしまいましたが、実は挑戦してみようと思ってることがあったんです。

準備は完了してましたが、なかなか動く気にならず、やっと実行に移しました。
フェリシモの美文字レッスンプログラムです。

去年、新しい万年筆を買った時に「美しい文字が書きたい」なんて思って、きちんと文字を書くことを毎日のルーティンにしました。

一応最後の12月31日まで、きっちり書き写しました。
で、成果はどうなの?というのはさておき、今度は筆文字にチャレンジしようと思ったんです。

40年来の友人守山さんが書道教室に通い始めたというのに触発されたわけじゃないけど、触発されたのかもだけど、前々からちょっとした時に筆文字が綺麗に書けたらいいよなーと思っていたので。

例えば絵画展などで芳名帳に記帳するとき、なんとなく自分の書いた文字に脱力することがあるのでね。

書道教室となると、以前の経験から自分の意図しない方向に連れていかれそうな気がするし、いろいろ費用もかかりそうで行くのは憚られるけど。

広告

このレッスンプログラム(筆ペン編)は1ヶ月ごとに6回教材が送られてくるようです。
1ヶ月1,362円(税込)。
ただ、送料別なのが痛い…。

12のコツをマスターすれば 文字がどんどんうまくなる!美文字レッスンプログラムー筆ペン編ー[6回予約プログラム]|おうちレッスン|おうちレッスン|自宅でできる大人の習い事・お稽古・趣味のレッスン講座|ミニツク
きれいに書ければ、深まるワタシ筆ペン、デビュー。いざというときにあわてないよう、美しい筆文字も習得したいのが大人ゴコロ。たくさんの練習量をこなすことが目的になってしまう練習法ではなく、毎月2つのコツを学んで筆ペンならではの書き方を知ってから...

添削もなにもない、ただの自習なんですけどね。
書いてあるアドバイスに従って練習するという…。

だいぶ前に初回の教材が届いていて、やっと取り組みを始めたというところです。

筆を持つのは45年ほど前に1年ほど書道教室に通った時以来ですが、筆ペンは思った以上に難しいですわ。

キャップを取るだけで書けるというのはとっても手軽だけど、力の入れ具合がうまくいかなくて…。

なににしても慣れることが大切ですよね。

写真左下のブルーの用紙は水筆用で、水の入った筆で書くと書けますが、乾くと消えるので何度でも練習できます。
すごく重宝しています。

少なくとも半年間、真面目に練習しようと思います。
半年後、成果が現れるのかどうか、それもまた謎ですけど。

新しい年になると新しいことをやってみたくなるというのも人の常ですかね。

♫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日も最後までお付き合いくださってありがとうございます ^_^
どうぞ、よい1日を!

タイトルとURLをコピーしました