やっぱりピアノが好き:カプースチンに痺れた件

- スポンサーリンク -

最近生音楽を聴いていない。
コンサートに行きたいなーと思ってるけど、「ニーズかウォンツか」とかいろんなことを考えるとなかなか行けないのよねぃ。

数千円ならまだしも、1万円近くもすると「わたしにとってはニーズなの」と言い訳しても、ギリギリ年金生活者には厳しいわ。

そんなタカハラの味方が「クラシックTV」だったり「題名のない音楽会」だったりする。
「題名のない音楽会」は毎週録画して、気になる回だけ観るのだけど、昨日は衝撃的な人に出会った。

題名のない音楽会|テレビ朝日
テレビ朝日「題名のない音楽会」オフィシャルサイト

演奏は辻井伸行さんで、もちろん彼の演奏も衝撃的だけど、彼が演奏したカプースチンだ。
カプースチンという名前は聞いたことがあるけど、勝手に「現代音楽」なんだろうな、何やら難しそうだなと思っていた。

昨日初めて彼の曲を聴いて衝撃を受けた。
これがクラシック?

オスカーピーターソンの影響を強く受けているらしいのだけど、本人は「私はジャズミュージシャンじゃない。即興演奏には関心がないからね」と言っている。

アドリブはなく全部音符を書いているので「クラシックの形式を持ったジャズ」だそうだ。
彼の曲を聴くとスイングしていて「まさしくジャズやん」と思う。

高坂はる香の「思いつき☆こばなし」第16話|カプースチンを偲ぶ——冷戦下のソ連で生み出した「クラシックの形式をもったジャズ」
「ONTOMO」は音楽之友社が運営するWebマガジンです。映画やアートなどのカルチャーや、ビジネスや教育などの関心ごとから、クラシックを中心とした音楽の世界へ誘います!

きっちりジャンル分けする必要はないよね。
小曽根真さんも角野隼斗さんもクラシックもジャズもどっちもやってるし。

クラシックもピーターソンも好きなわたしにとってはドンピシャで、初めて聴いたカプースチンに痺れたよ。

辻井さんが演奏した「8つの演奏会用エチュード」、トッカティーナが印象的だった。
あの同音連打。

楽譜はどんな音符がどんな形で並んでるんだろうと思ってチラッと探してみたけど、1小節見ただけでめまいがしそうだったわ。
しかも♩=132て…。

画像はこちらからお借りしています

2020年まで存命だったそうで、彼自身の演奏が残っているのも興味深い。

弾く弾く詐欺のタカハラ、この曲に挑戦してみようなんて1ミリも思わないけど、少し世界が広がった気がしてテンションが上がった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 応援していただけると喜びます(*^_^*)

シニアの日常 - ブログ村ハッシュタグ
#シニアの日常にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました