【テレビドラマ】秋ドラマも終わり:最終回の感想

- スポンサーリンク -

もう12月も半ば、秋ドラマも次々最終回を迎えている。
放送前に観てみようと思ったのは一応全部観たかな。今回途中離脱したのはなかった。

<ファーストペンギン>
実話を元にしたドラマということで、初回も面白かったので、展開を楽しみにしていたのだけど…。
なんだか、毎回同じような騒動を繰り返してワーワー言ってるような気がしてだんだん興味が薄れていってしまったわ。

「余命宣告」「シングルマザー」「24歳で起業」…荒波を乗り越え漁師80人を率いるオンナ社長の“逆風満帆人生”≪ドラマ「ファーストペンギン!」モデル・原作者≫ | 文春オンライン
事実は小説より奇なり--。この言葉を地で行くのが、坪内知佳さん。とれたての魚や野菜を半日以内に加工・箱詰めして直接全国の消費者へ届ける。そんな事業を営む「船団丸」を11年前、24歳の時に立ち上げ、全国…

こちらの記事を読むと、実際に数々の障壁が立ちはだかって大変だったようだけど…。
ドラマと同じような感じだったのかな…。
ドラマの描き方のせいだろうか…。でも、脚本は森下佳子さんだし…。

堤真一さん演じる片岡さんが、あまりにも感情的で子供っぽいので興醒めしてしまって、入り込めなかったなー。

<ザ・トラベルナース>
予想以上に面白かった。
鼻っ柱の強いアメリカ帰りの那須田歩が、おじさんナース九鬼静と出会って成長していく物語という感じで。
中井貴一さん、特にファンじゃないけど、やっぱり存在感あっていいよね。

遠い昔、彼がデビューした頃のことをなんとなく覚えている。
ま、どうでもいい話だけど。

院長が改心したのはいいけど、あんなふうに看護師たちが立ち止まって頭を下げるような大名行列はどうなの?と思う。
今でも実際に「財前教授の総回診です」みたいなことやってるのかしら。

続編かスペシャルかあるのかな。
あれば観るよ。

<アトムの童>
今、録画を見終えたところ。

これも同じような騒動を繰り返してて、那由他と隼人が離れたりくっついたりしてたって感じ。
全体的に上滑りな印象だったのは、わたしがゲームに興味がないからだろうか。

なんか、ゴチャゴチャし過ぎてBBAにはしっくりこなかったなー。

最後は突然出てきたラスボスがひっくり返して終わり…で、予想どおり。
エンディングの長い過去の振り返り画像を見てるうちに寝落ちしちゃった。

庭の隅にひっそり佇むマンリョウ

最近、ホントにドラマに入り込めなくなったわー。
ドラマ観ても、なんだかなーと思うことが多くなった。
まさか、これも歳のせい?

いやいや、そんなわけでもないと思う。
現に「鎌倉殿」にはどっぷりハマってるし。
昨日の放送を思い出しただけでウルウルするし…。

あと、久々にハマるかもと思った朝ドラは今離脱中。
ひどいことになってしまって、朝から嫌な気分になりたくないので観ていない。

来週から脚本が桑原さんに戻るということなので、そうなったら見てみようかなとは思ってるけど。

ドラマ作る側もいろんなしがらみがあるんだろうねぃ。
コンプライアンスもそうだし、芸能事務所への忖度とか、視聴率上げるために誰をどういう役回りにするかとか…。

ご苦労さんなことです。
なんだかんだ文句言いながら、これからも今までどおりのペースで観ると思うけどね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シニアの日常 - ブログ村ハッシュタグ
#シニアの日常にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました