早くも登場2023年版手帳:気になる3種をサクッと比較

まだ8月半ばだけど、チラホラ来年のスケジュール帳が話題に上がっている。
ほぼ日ストアでも9月1日の発売に向けて、今月に入ってから毎日情報がリリースされているので注目しているところだ。

もともとほぼ日手帳の大ファンなんだけど、今年はほぼ日手帳ではなく、サニー手帳を使っている。
あまり事務っぽくなく、かといって幼稚でもなく、こういうのを大人かわいいというのだろうか。

SUNNYフリーデイリー手帳|SUNNY あなたの1年を晴れにする|いろは出版株式会社
SUNNY手帳2022のフリーデイリー手帳の中身をご紹介。

一応1日1ページ分の分量はあるんだけど、日付はついてないので1日1ページにこだわらなくてもいいカンジだ。
わたしの場合は1日1ページ、毎日書いてるけど。

これもわたしにとっては画期的なことで、ほぼ日を使ってた頃も6月ぐらいまではセコセコ書き込むんだけど、それ以降は放置ってことが多かったのに、今年は朝起きたら手帳を開くのが習慣になっている。

ま、暇だからというのも要因の1つだと思うけど。

とても気に入ってるんだけど、最近ちょっと小さいよなと思い始めた。
もうちょっと書きたいことがあるんだけど、2ページ使うと足りなくなるし…と思って、来年はほぼ日のカズンにしようかなという気持ちも湧いてきていた。

ほぼ日手帳 全タイプ解説 - ほぼ日手帳とは
ほぼ日手帳 全タイプ解説|手帳のサイズや種類、選び方をわかりやすくガイドします。

でも、カズンてデカいよねぃ…なんて迷ってたところに、ちょっとテンション上がるニュースが入ってきたのだ。

MIDORIの「hibino」という手帳。なんと、1日見開き2ページだって。
すごくない?
大きさはほぼ日5年手帳と同じくらいになるのかな。

【新製品情報】 2023年版『hibino』の発売日が8月18日(木)に変更になりました。 | ミドリ - MIDORI - 「デザイン文具」の総合メーカー
hibino,手帳好き,手帳タイム,手帳の中身,手帳活用術,書く事が好き,日記,ダイアリー,手帳

日付けも入ってるし、天気マークも入ってる。
左側にはバーチカルで予定を書くスペースもある、予定はないけど…。

購入候補に急浮上してきたわー。

そこで、今回候補の3つを比較してみたの。

サニー手帳ほぼ日カズンhibino
大きさA6B5B6
価格3,850円3,850円4,950円
好感を持てるところ本体以外の部分が
充実していて楽しい
1ページにたっぷり
書ける
見開き2ページで
左右で使い分けが
できる
イマイチなところたっぷり書くには
少し物足りない
事務的であまり可愛
げがない
本体以外のページ
が少ない
サニー手帳は1日1ページのフリーデイリーです

何を優先するかですよねぃ。

ほぼ日は1週間分のバーチカルスケジュールと、日々の出来事を書き込む所が別れてるので、ほとんど予定のないBBAには必要ないかなという気もする。

hibinoは手帳好きには新鮮でワクワクするよねぃ。 単に新発売だからか…?
1日2ページだから、お値段もそれなりだ。

サニー手帳も捨てがたいのよ。
日々のことを書く以外のページが充実してる。

ウィッシュリストとかブックリストとか、これから行きたい所とかを書き込むページがあってワクワク感がアップする。

今のところ、サニー手帳とhibinoの一騎討ちってカンジだわー。
まだ時間はたっぷりあるから、せいぜい脳内会議をすることにしよう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
 ポチッと応援していただけると喜びます(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました